幼児英語教育の選択肢

2015.12.2教育・習い事けい

幼児英語教育の選択肢

幼児英語教育の選択肢としてどのようなものがあるのでしょうか。


色々ありますが私の知るものを簡単にあげてみると
●英語教室
●親子英語サークル
●オンライン英語
●ネイティブ英語家庭教師
●通信教材
●洋書絵本
●インターナショナルスクール
でしょうか。

私は娘が1歳になった頃から英語教育の選択肢について考えていました。
確実に身につくもので、しっかり続けられるもの。。。
随分悩みました。色々なブログやバイリンガル育児の本を読んだり、外国語が堪能な知り合いにどうしたらそこまで身についたのか尋ねたり。その中で外国語を堪能に話せる人が、どうしてそこまで喋れるようになったのか。その答えのほとんどが大学時代や社会人になってから1年以上の留学経験がありました。やっぱり留学は必須なのでしょうか。私は娘に英語をやらせたいけれど、留学はさせたくないというなんとも理不尽な考えを持っています。それは、以前ある映画を観た時に、アメリカの大学生の学生生活が描写されており、そのホームパーティーの様子もありました。その様子は日本では考えられないような内容で信じられず衝撃を受けました。私が観た映画が特別なものだったわけではなく、外国ではしばしばある光景なのでしょう。留学経験がある知り合いに尋ねて実際の様子を聞いてみるとやはり私の恐れているようなことが日常的に目にすることがあると言う。まだ考えが浅いが興味は大きい高校生や大学生の時に、親の目の届かないところで自分の理性が保てるのか。。心配でなりません。
留学中に1年以上そのような生活をしていて日本に帰ってきてどうなるのでしょうか?それも心配でなりません。
なので留学という選択肢は無しです。

それ以前に英語を話せるようになるにはどうしましょうか。

初めに挙げた選択肢のなかから消去法で考えてみます。
まず英語教室は、1回45分の授業で週に1回又は2回これはどう考えますか。私が英語教室に通い始めたのは10歳頃。週に1回やっていましたが驚くような成果は出ませんでした。ただ、私の場合は10歳と遅かったので、1歳や、2歳で始めるのはどのくらいの成果があるのでしょうか。悩むところですね。
次に親子英語サークルは、毎月5000円ぐらい必要で、親子で英語を使って遊ぼう!というもの。多くのサークルがあるので一概には言えませんが、私が実際に体験に行ったところは、リーダーの方が英語が堪能で、全て英語で話してくれました。挨拶をして、お歌を歌って、絵本を読んでもらって、ママと一緒に体を使って遊ぼう!という感じでした。ただママと一緒に英語で遊ぶ時間ということではいいと思いますが、英語をしっかり身につけるというところまでは厳しいかな、と感じました。リーダーの方の英語力にもかなり左右されますよね。


長くなってしまったので続きはまた次回にします。